千葉県富津館山道路の「ハイウェイオアシス富楽里」

投稿者:

日本各地に「道の駅」というものがあります。Wikipediaによると▼

道の駅(みちのえき)は、日本の各地方自治体と道路管理者が連携して設置し、国土交通省(制度開始時は建設省)により登録された、商業施設や休憩・宿泊施設、地域振興施設等が一体となった道路施設である

と書いてあります。一般的には国道沿いにあります。

千葉県南房総市にある「道の駅」は、なんと高速道路からも行くことができるそうです。館山自動車道の南、富津館山道路沿いにあるって、「ハイウェイオアシス富楽里」という名前になっていると。

ちなみにこれは「Mauloa-Surf」のかーさん&とーさんに「海ほたるパーキングエリア」へ連れてっていただいたドライブの続きです。
※へなしゅんは「Mauloa-Surf」の動画を作らせてもらってます▼

横浜元町中華街駅から、ハワイなお店、マウロアサーフまで歩いてみました。
横浜元町にあるハワイなお店マウロアサーフの店内を見せていただきました。
横浜元町マウロアサーフではこんなものが売られています!

「ハイウェイオアシス富楽里」は「上り」「下り」どちらからでも行くことができます。でも、「上り」から来たクルマ、「下り」から来たクルマの駐車場は区切られているので、ここで買い物して逆方向へ帰ることはできません。

中は殺風景な感じで…..

「網納屋」という海鮮レストラン(小浦漁港で水揚げされる地魚を使った岩井富浦漁協直営の海鮮レストラン)と….

反対側に、お弁当やアイスクリームを売ってる小さなお店が3つ並んでいるだけ。ん? 建物はでかいのに何や?

と思っていましますが、これがポイントなんです▼

なんと、このサービスエリアは、2階建てになっています。高速道路につながっているのが2階「ハイウェイオアシス富楽里」で、1階は一般道路につながっている「道の駅富楽里とみやま」なのです。なんと「道の駅」が下の階にある!

道の駅富楽里とみやまのWEBサイト

中央にある階段を降りていくと….

めっちゃ賑わっています!

そこには南房総でとれた野菜がいっぱい並んでいました。

花も売られています。毎朝入荷しているそうです。

お弁当、スイーツ、たけのこ、これらは時期によってちょっと顔ぶれが変わるそうです。旬のものが並ぶわけですね。

さてさて、この「ハイウェイオアシス富楽里」というか「道の駅富楽里とみやま」は円筒状の建物が3つ並んでいます。なんでこんなカタチをしているかといいますと、置いてあるものを3つに分けているから。一番最初に見たところ(南側)は、地元とみやまで作られた野菜などが並んでいるところでした。

真ん中はお土産物がいっぱい並んでいます。生クリーム大福なんてのもありました。

太巻きもいっぱい並んでいました。これって、南房総名物らしいです。

反対側(北側)は、アサリとか小魚とか、海関係のものが並んでいます。ってことはサカナも売ってるのか?

ありました。タコも売ってます。いやあ、これは嬉しい。「ハイウェイオアシス富楽里」っていうか「道の駅富楽里とみやま」には、野菜だけでなく海のものまで、南房総でとれたものがいっぱい並んでます。

こちらは一般道の入り口です。高速道路の入り口より立派な感じがしますな。

おまけ1
「道の駅富楽里とみやま」の前の道は、普通に町へ向かって伸びていました。小山が並んでいるように見えてますが、その先は東京湾です。湾の向こうに三浦半島の先っちょが見えるあたり。

おまけ2
これからドライブやったので、いろいろ買うのはやめときました。「マヨタコせんべい」と「千乃佃煮」にしました。帰ってから食べましたが、「千乃佃煮」めっちゃ美味しいです。すっかりファン。

 

 

みなさまからの投稿を受け付けています。お問い合わせはこちらまで

モーハイウェイに何かを連絡するフォーム▼▼▼

<撮影日:2021年4月12日>