鬼平江戸処/羽生(上り)PAは江戸の町になっています。

投稿者:

那須高原SAに到着。下りも上りもチェックしました。▼」の続きです。

どうもどうも、へなしゅんです。「本名なんでしたっけ?」&「温子と書いてはるこ」ご夫妻に連れられ、東北自動車道を走っていました。どこか新しいサービスエリアでランチを食べよう、と思っていたのですが、北へ行けば行くほど新しいサービスエリアではなくなってきました。どうせなら人気のサービスエリアへ行こう!という事になり…..

羽生まで戻ってきました。ゴーゴーカレーを食べたパサール羽生(下り)▼の反対側、羽生上りのパーキングエリアです。

本名なんでしたっけ?「羽生(上り)のパーキングエリアはさ、江戸時代みたいなつくりになってるのよね」
え? どういう意味ですか?
本名なんでしたっけ?「鬼平江戸処という名前で、江戸の町になってるんですよ」
温子と書いてはるこ「楽しいよ。鬼平犯科帳の舞台なんだって」
へえ。

※鬼平犯科帳/実在の人物、火付盗賊改方長官・長谷川平蔵を主人公とする日本の時代小説。著者・池波正太郎。

そこにあったのは、江戸の町風な建物でした。いやしかし、羽生といえば埼玉県です。江戸はまだ遠いのでは?

気になったので調べてみました。

鬼平江戸処WEBサイト/なぜ羽生で江戸なのか?▼

おお、東北からやって来る人たちにとって、羽生は江戸の入り口やったみたいです。
温子と書いてはるこ「分かった?」
はい。

っていうか、鬼平江戸処WEBサイト▼は詳しく書いてあっていいWEBサイトですね。

トイレの前で撮った写真です。松が植えてあって、その周りの石垣がベンチみたいになっています。

その横に江戸の町みたいな建物があって、その中にお店や食堂があるそうです。中はどうなってんのやろ?

ちょっと、ワクワクします。

中へ入る前に、たい焼き屋さんがありました。お好み焼きみたいなたい焼きがあります。めっちゃ食べたかったのですが我慢します。中のお店をチェックせねば!

中にどんなお店があるかを描いた案内図がありました。あ、意外と小さい。そんなにたくさんのお店は入っていません。

中は薄暗くて、夜の江戸へやってきたかのようです。江戸の町は行ったことないけど。。。

何が売ってるか見たかったけど、それよりメシです。3人ともめっちゃお腹が空いています。

・江戸めし 万七

これは何屋さんでしょう?
温子と書いてはるこ「何だろうね」
…..。

しょうがないので調べました。万七というのは、「鬼平犯科帳」に登場する、うさぎの吸い物が名物の料理屋やそうです。このお店は、東京・大塚の老舗江戸前料理店「なべ家」が、江戸料理研究家監修でつくった「江戸めし」のお店。

ここに並んでいるのお店は全て「鬼平犯科帳」に登場するお店がモデルになってるみたいです。「鬼平犯科帳」好きにはたまらんでしょうね。ちなみにへなしゅんは司馬遼太郎を読みまくって歴史好きになりましたが、「鬼平犯科帳」はよく知りません。せめて、さいとうたかおがマンガしたヤツだけでも見ておけば良かったかな。

・中華そば 弁多津

池波正太郎氏(鬼平犯科帳作者)が足しげく通った名店「日本橋たいめいけん」監修によるお店やそうです。

・うなぎ 忠八

1897年の創業以来、川魚一筋に商ってきた卸問屋「鯉平」が、素材を厳選し、伝統の技で腕をふるいます。って紹介されています。へなしゅんはうなぎが大好きなのでこれは食べてみたい。どうしようかな。と思いましたが….

うな重 2500円

予算というか小遣い範囲オーバーです。き、今日は我慢しとこう。。。

・本庄 さなだや

1884年創業の老舗「神田まつや」監修によるおそば屋さん。

・五鉄

「鬼平犯科帳」で重要な舞台となっている軍鶏鍋屋がモデルのお店やそうです。親子丼、五鉄しゃも鍋定食、一本うどん(ぶっというどんが一本だけ入ってる)なんてのがあります。
本名なんでしたっけ?「あ、ここにする? ボクはここのにしようかと思ってるけど」
どうぞどうぞ。

というわけで…..

・中華そば 弁多津 / 中華そば(醤油)たまご入り + チャーシュードン  1110円(税込)

温子と書いてはるこ「中華が食べたくてこれにした」

・五鉄 / 五鉄親子丼・上 1280円(税込)

本名なんでしたっけ?「この親子丼なかなか美味いですよ」
確かに美味そう。値段も一番高いです。

・江戸めし 万七 / 鮪ネギトロ丼 1020円(税込)

へなしゅんはサカナにしました。一番高そうに思えますが、一番安かった。

かなりお腹が空いていたのでしょう。ふたりとも無口にガツガツ食べてはりました。

いやあ、美味しかった。食べるエリアも和風なイメージで気に入りました。なんとも落ち着きます。

へなしゅんの好みがそうだから、ですけど。

食後、売店を見に行きました。

みやげ処 屋台連と名付けられた一角には…..

老舗の食品や和雑貨、菓子類のほか、鬼平にちなんだ商品も並んでいるそうです。

※へなしゅんは鬼平に詳しくないので、どれが鬼平にちなんだ商品かは分かりませんでした。

ドリンクコーナーもなんとなく江戸風?

お会計レジには「お勘定」の文字が! お勘定担当スタッフの服装も江戸風です。徹底してます。

だからどうってことはないのかもしれませんが、楽しいです!

鬼平江戸処は、高速道路利用者じゃなくても入ることができるようになっていました。PASARみたいな感じですね。

この関所みたいなところから….

出入りできるようになっています。

京葉道路パサール幕張(上り)▼と違い、通行量が多そうな道路に出ました。このあたりに住んでる人がここへ食べに来たりすることもあるんでしょうね。しばらく日本を離れていたへなしゅんにはなんとも不思議な光景です。

江戸の町へ戻りましょう。

江戸の町並みを眺めていたら、ふらふらさまよっている本名なんでしたっけ?を発見。

何してますの?
本名なんでしたっけ?「ボク、ソフトクリームが好きなんだよね」
このお店、抹茶ソフトが売りみたいですけど。
本名なんでしたっけ?「普通の白いほうが食べたい」
そ、そうですか。

本名なんでしたっけ?は、小銭みたいなクッキー?がくっついてるソフトクリームをひとりで美味しそうに食べはじめました。

東北自動車道を福島県の県境あたりまで北上してみるレポートはこれにて終了です。本名なんでしたっけ?さん、長距離運転、ほんまにありがとうございました。お疲れさまでした。

 


今回、「本名なんでしたっけ?」&「温子と書いてはるこ」ご夫妻と一緒にまわったのは….

東北自動車道、蓮田SA(下り)は北へ向かう道の入り口。▼
東北自動車道、パサール羽生(下り)でゴーゴーカレーを食べた。▼
東北自動車道(下り)の栃木県にあるパーキングエリアをいろいろチェックしてみた。▼
鬼怒川の手前、上河内SA(下り)で餃子を食べた。▼
那須高原SAに到着。下りも上りもチェックしました。▼

 

 

みなさまからの投稿を受け付けています。お問い合わせはこちらまで

モーハイウェイに何かを連絡するフォーム▼▼▼

<撮影日:2021年4月23日>